後悔しない人からお金を借りる方法

金の切れ目が縁の切れ目という言葉があるようにお金の貸し借りは昔から人間関係において大小様々な影響を与えると考えられてきました。しかしどうしても人にお金を借りたいと思うときは誰でも人生に1度はあるものです。失敗しない人からお金を借りる方法を紹介します。
やはり後悔せずに人からお金を借りる方法として有効なのが、証拠を残しておくことです。どんなに少額でも借用書を作っておくと後々の人間関係に遺憾を残しません。もし借用書が難しいというときでも、お金を貸し借りするときは現金でやり取りをせずに銀行口座などの通帳を通した振り込みにするなど誰がいつ誰にいくら渡したのかと物的な証拠を残しておくと良いでしょう。
この他に人からお金を借りる方法として、何かを担保に入れておくという方法があります。例えば宝石や少し高価な家電製品などいざというときに相手が換金して借り入れ金額に充当できるものを担保に入れておくことが良いです。そうすれば貸す側も安心ですし、借りる側としてもいわば物を人質に取られている状態ですから確実に返済しなければならないという意識が働き、より完済できる可能性が高くなります。
この他のアイデアとして、借りたお金をどう使うのかを互いにはっきりさせておくことがあげられます。目的を明示した上で借りると貸す側も安心できますし、不穏な動きがあればすぐに対応できます。信頼関係で成り立つ個人間のお金の貸し借りですが、以上のことを注意して後悔しない約束をしましょう。