サラ金の審査が通らない時の対処法

サラ金に申し込んでも審査に通らず、融資が受けられなかった場合の対処法ですが、まず、オペレーターに食い下がるのは無意味です。たとえば、なぜ通らないのか理由を教えてほしいといったとしても、絶対に教えてくれません。また、借り入れ希望額を下げたらどうなるのかと問いかけるのもまずだめです。というのは、サラ金は客の希望額をそのまま貸すことはできないが、それ以下の金額だったら貸せるという場合、審査は可決ということにして客に問いかけを行うからです。なので、否決ということは金額を下げたとしても貸すことはできないということであり、希望額を下げてもどうしようもないというわけです。
ではどうすればいいのかというと、別のサラ金に申し込むのが一番いい方法です。この場合のポイントは、インターネット上にある審査について書かれた最新の口コミ情報を事前に調べることです。たとえば、「最近、キャンペーンを行っているらしく、他社からの借入件数が多かったのに貸してくれた」といった情報に注目です。キャンペーンを行っているということは、一般的にいつもよりも審査のハードルを下げているということなので、通りやすくなっているのです。なので、そういった情報を元に申し込む貸金業者を決めるといいでしょう。
他社からの借入件数が多い状況で通らない場合は、新規に申し込むよりも、現在、契約中の業者に増枠を申し込んだ方がいい場合もあります。