カードローンは、銀行発行のものを最優先しましょう!

カードローンといえば、消費者金融会社が提供するサービスを一番初めに思い浮かべる人が多いですが、近頃は銀行が提供するカードローンのサービスも充実していて、金利で比較しても消費者金融会社の金利が5パーセントから18パーセントまでが一般的であるのに対し、銀行の金利は4パーセントから15パーセントぐらいであることが多く全体的に安くなっていることが多いです。
また、貸金業法の対象になっていないので、総量規制による借入限度額の年収による制限がありません。
そのため、収入がない専業主婦でもお金を借り入れることができるというメリットがあります。
そのため、専業主婦が銀行発行のカードローンのサービスを選ぶことを最優先にするのは当然ですが、安定した収入を得ている人も比較的安い利息でお金を借り入れるメリットを受けるためにも銀行発行のものを最優先にすると、お金を借り入れた後の返済計画が立てやすくなります。
お金を借り入れるときは即日融資やWEB完結、一定期間の無利息期間があるなど目先の便利なメリットに目を奪われがちですが、お金を借り入れるのは一瞬のことですが、借り入れたお金を返済していくための期間はずっと継続していくことになります。
また、銀行のカードローンのサービスは融資スピードが決して速くはないことが多いので、お金を借り入れるときにはスケジュールに余裕を持って、その日のうちには借り入れたお金は手に入らない可能性を想定した上で申込みをする必要があります。
カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングはこちら